にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

何の記事を読むか、クリックしてね。

憲法 民法 民事保全法 民事訴訟法 民事執行法 供託法

不動産登記法 商業登記法 会社法 刑法


2012年01月10日

独学院 仮執行宣言の手続から

ささ、参りましょう。

<仮執行宣言の手続>

 支払督促に執行力を付与するためには、仮執行宣言が必要となる。債務者が支払督促の送達を受けた日から督促異議の申立てをしないで2週間を経過すれば、債権者は支払督促に仮執行宣言を付するよう申し立てることができる。

 他方、債権者が仮執行の宣言の申立てをすることができる時から30日以内にその申立てをしないときは、支払督促は、その効力を失う。
 債務者が支払督促の送達を受けた日から2週間以内に督促異議の申立てをしないときは、裁判所書記官は、債権者の申立てにより、支払督促に手続の費用額を付記して仮執行の宣言をしなければならない。

 仮執行宣言の申立却下処分に対しては、債権者は1週間の不変期間内に、その裁判所書記官の所属する裁判所に対し、異議を申し立てることができ、その裁判所がした決定に対しては即時抗告をすることができる。

●債権者が仮執行の宣言の申立てをすることができる時から30日以内に仮執行の宣言の申立てをしなかったときは、支払督促は、効力を失う。

<解説>

 債権者が仮執行の宣言の申立てをすることができる時から30日以内にその申立てをしないときは、支払督促は、その効力を失う。督促手続は、債権者に簡易・迅速に債務名義を取得させようとするものであるから、所定の期間内に仮執行の宣言の申立てをしないような債権者に支払督促の効果を与える必要はないからである。

<仮執行宣言の効力>

 仮執行宣言が付されると、支払督促に執行力が付与される。これにより債権者は、強制執行の申立てをすることができる。
 仮執行の宣言を付した支払督促に対し、督促異議の申立てがないとき、又は督促異議の申立てを却下する決定が確定したときは、支払督促は、確定判決と同一の効力を有する。「確定判決と同一の効力を有する」とは、執行力は有するが、既判力は有しないことを意味する。
 確定した支払督促に既判力を認めないのは、支払督促は裁判所書記官が作成するものであり、主張の真否について実体的な判断をしていないからである。

●仮執行の宣言を付した支払督促に対し督促異議の申立てがなされなときは、支払督促は、執行力は有するが、既判力は有しない。

<解説>

 仮執行の宣言を付した支払督促に対し、督促異議の申立てがないとき、又は督促異議の申立てを却下する決定が確定した時は、支払督促は、確定判決と同一の効力を有する。「確定判決と同一の効力を有する」とは、執行力を意味し、既判力は含まれない。支払督促は、裁判所ではなく裁判所書記官が作成するものであり、主張の真否について実体的な判断をしていないからである。

<督促異議>

 債務者は、支払督促に対して、これを発した裁判所書記官の所属する簡易裁判所に督促異議という不服申立てをすることができる。
 督促異議は、仮執行宣言前の督促異議と仮執行宣言後の督促異議に分類できる。仮執行宣言前の督促異議は、通常訴訟に移行すればその督促異議の限度で当然に支払督促は失効する。
 これに対して、仮執行宣言後の督促異議は、仮執行宣言の付された支払督促に対する不服申立てであり、支払督促の確定は阻止されるが、仮執行宣言の執行力を当然に失わせるものではない。したがって、仮執行宣言に基づく執行を阻止するためには、執行停止の裁判を求めなければならない。

 また、適法な督促異議の申立てがあったときは、督促異議に係る請求については、その目的の価額に従い、支払督促の申立ての時に、支払督促を発した裁判所書記官の所属する簡易裁判所又はその所在地を管轄する地方裁判所に訴えの提起があったとみなされる。

●支払督促に仮執行宣言が付される前に債務者が督促異議の申立てをしたときは、支払督促は、その督促異議の範囲内において効力を失う。

<解説>

 債務者は、支払督促に対して、これを発した裁判所書記官の所属する簡易裁判所に督促異議という不服申立てをすることができる。
 仮執行の宣言前に適法な督促異議の申立てがあったときは、支払督促は、その督促異議の限度で効力を失う。

●支払督促に仮執行宣言が付された後に、支払督促に対し適法な督促異議の申立てがあったときには、支払督促はその督促異議の範囲内においても効力を失わない。

<解説>

 仮執行の宣言前に適法な督促異議の申立てがあったときは、支払督促は、その督促異議の限度で効力を失う。
 これに対して、仮執行宣言後に適法な督促異議が申し立てられると、支払督促の確定は阻止されるが、仮執行宣言の執行力は当然には効力を失わない。仮執行に基づく執行を阻止するためには、執行停止の裁判を求めなければならない。

●仮執行宣言を付した支払督促に対して適法な督促異議があったときでも、その支払督促に基づいて強制執行をすることができる。

<解説>

 仮執行の宣言前に適法な督促異議の申立てがあったときは、支払督促は、その督促異議の限度で効力を失う。
 これに対して、仮執行の宣言後に適法な異議が申し立てられると、支払督促の確定は阻止されるが、仮執行宣言の執行力は当然には効力を失わない。仮執行に基づく執行を阻止するためには、執行停止の裁判を求めなければならない。
 したがって、仮執行宣言を付した支払督促に対して適法な督促異議があったときでも、その支払督促に基づいて強制執行をすることができる。

●債務者が支払督促の送達を受けた日から2週間以内に督促異議の申立てをせず、仮執行の宣言がされた後であっても、債務者は、仮執行の宣言を付した支払督促の送達を受けた日から2週間の不変期間内であれば、督促異議の申立てをすることができる。

<解説>

 債務者が支払督促の送達を受けた日から2週間以内に督促異議の申立てをしないときは、裁判所書記官は、債権者の申立てにより、支払督促に手続の費用額を付記して仮執行の宣言をしなければならない。
 ただし、仮執行の宣言がなされた後でも、債務者は、仮執行の宣言を付した支払督促の送達を受けた日から2週間の不変期間内であれば、督促異議の申立てをすることができる。

●簡易裁判所は、支払督促に対する督促異議が不適法であると認めるときは、請求が地方裁判所の管轄に属する場合においても、その督促異議を却下しなければならない。

<解説>

 簡易裁判所は、督促異議を不適法であると認めるときは、督促異議に係る請求が地方裁判所の管轄に属する場合においても、決定で、その督促異議を却下しなければならない。

●支払督促に対し適法な督促異議の申立てがあったときは、これを発した簡易裁判所に訴えの提起があったものと当然にみなされるわけではない。

<解説>

 適法な督促異議の申立てがあったときは、督促異議に係る請求については、その目的の価額に従い、支払督促の申立てのときに、支払督促を発した裁判所書記官の所属する簡易裁判所又はその所在地を管轄する地方裁判所に訴えの提起があったものとみなされる。
 したがって、支払督促を発した簡易裁判所に訴えの提起があったものと当然にみなされるわけではない。

●適法な督促異議の申立てがあった場合において、債権者がその旨の通知を受けた日から2週間以内に訴えの提起をしないときは、支払督促の申立てを取り下げたものとみなされるわけではない。

<解説>

 適法な督促異議の訴えの申立てがあったときは、督促異議に係る請求については、その目的の価額に従い、支払督促の申立ての時に、支払督促を発した裁判所書記官の所属する簡易裁判所又はその所在地を管轄する地方裁判所に訴えの提起があったものとみなされる。適法な督促異議の訴えの申立てがあったときは、当然に督促手続から通常の訴訟手続に移行するのであって、債権者が通知を受けた日から2週間以内に訴えの提起をしなくても、支払督促の申立てを取り下げたものとみなされるわけではない。

<電子情報処理組織による督促手続>

 督促手続に関する大量の事件を、迅速かつ効率的に処理することを可能とするため、電子情報処理組織を利用することができるように規定が整備された。
 すなわち、最高裁判所規則で指定する簡易裁判所(「指定裁判所」という。)の裁判所書記官が、これらの裁判所に近接する簡易裁判所の管轄事件も集中して、電子情報処理組織による督促手続を処理することができることになった。具体的には、東京地方裁判所管内、及び大阪地方裁判所管内の事件については、それぞれ東京簡易裁判所、大阪簡易裁判所の裁判所書記官に対して、電子情報処理組織を用いて取り扱う督促手続の申立てをすることができるとされた。(民事訴訟法第402条第1項に規定する電子情報処理組織を用いて取り扱う督促手続に関する規則1条)。

「支払督促のまとめ」

■要件

・金銭その他の代替物又は有価証券の一定の数量の給付を目的とする請求であること。

・債務者に対して日本国内において公示送達によらずに、送達が可能であること。

・条件付請求や期限付請求権など、ただちに執行することができない請求については、発することができない。

■付与機関

 裁判所書記官

■債務者の不服申立て方法

・支払督促を発付した裁判所書記官の所属裁判所への督促異議の申し立てによる。

■債務者の不服申立ての効果

・仮執行宣言前督促異議

 支払督促失効 → 通常訴訟手続(手形・小切手訴訟手続含む)による審判

・仮執行宣言後督促異議

 支払督促は失効しない → 執行停止の裁判が必要


民事訴訟法終わり。つづく・・・
ラベル:民事訴訟法
posted by 94条2項の類推適用されずじまい at 13:59| Comment(0) | 民事訴訟法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

トップページへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。