にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

何の記事を読むか、クリックしてね。

憲法 民法 民事保全法 民事訴訟法 民事執行法 供託法

不動産登記法 商業登記法 会社法 刑法


2011年05月25日

処分の制限に関する登記

おはっす。参りましょう

 処分禁止の仮処分の登記の抹消

 仮処分に関する登記により保全されていた登記請求権が行使され、登記が実行された場合には、仮処分の目的は達成されたのであるから、処分禁止の仮処分の登記を抹消する必要が生じる。処分禁止の仮処分の登記の抹消は、登記官の職権又は裁判所書記官の嘱託によりされる。

1 登記官の職権による抹消

 仮処分債権者の申請により、処分禁止の仮処分の登記に後れる登記の抹消をする場合には、登記官は、職権で、当該処分禁止の仮処分の登記を抹消しなければならない。また、保全仮登記に基づく本登記をする場合にも、仮処分の目的は達成されたことから、登記官は、職権で、保全仮登記とともにした処分禁止の仮処分の登記を抹消しなければならない。

2 裁判所書記官の嘱託による抹消

 仮処分の目的が達成された場合において、処分禁止の仮処分の登記に後れる登記を抹消しないときは、処分禁止の仮処分の登記の抹消は、仮処分債権者の申し立てにより、裁判所書記官が嘱託する。また、仮処分の申し立てが取り下げられた場合又は仮処分の執行が取り消された場合には、当該処分禁止の仮処分の登記及びそれとともにされた保全仮登記は、裁判所書記官の嘱託により抹消される。

 先例・関連論点等

●仮処分債権者が、本案の勝訴判決を得て、保全仮登記に基づく本登記を申請した時は、仮処分の登記は、登記官の職権により抹消される。

●仮処分債権者が、本案の勝訴判決を得て、自己への所有権移転登記を申請した時であっても、処分禁止の仮処分の登記に後れる登記を抹消しないときは、登記官は、職権で仮処分の登記を抹消することはできない。登記官の職権により仮所部の登記が抹消されるのは(ア)保全仮登記に基づく本登記の申請があった時及び(イ)仮処分債権者により、仮処分の登記に後れる登記の抹消が申請された時であり、単に仮処分債権者が本案の勝訴判決に基づき自己への所有権移転登記を申請したにすぎないときは、仮処分の効力が援用されたのかどうか登記官には明らかにならないため、仮処分の登記の抹消は、仮処分債権者の申し立てにより、裁判所書記官が嘱託するものとされているからである。

つづく・・・
posted by 94条2項の類推適用されずじまい at 09:10| Comment(0) | 不動産登記法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

トップページへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。